言語分野の出題範囲

言語分野の出題範囲についてまとめました。

表: 言語分野の出題範囲
言語分野の出題範囲 テストセンター ペーパーテスト WEBテスティング
長文読解
二語の関係-
語句の意味-
語句の用法-
文節の並び換え-
文の並び換え--
空欄補充--
空欄補充(3文)--
空欄補充(3語)--
熟語の成り立ち--

対策の優先順位

テストセンター、ペーパーテスト、WEBテスティングの3形態に共通に出題される分野を優先的に対策するのが得策です。つまり、言語分野の出題範囲うち、長文読解を優先的に対策しましょう。

次に優先すべきはテストセンターに出題される範囲です。テストセンターのシェアがおよそ65%を占めます。第一志望の企業が決まっている場合はその企業の実施形態に絞って対策するのでもいいのですが、第一志望の企業が決まっていない場合や、複数の企業のSPIを受ける場合は、まずはシェア65%におよぶテストセンターの対策をするのが良いでしょう。つまり、言語分野の出題範囲うち、 二語の関係、語句の意味、語句の用法、文節の並び換え、文の並び換え、空欄補充(3文)、空欄補充(3語)、熟語の成り立ちの対策しましょう。

以上の対策を終えたのち、空欄補充、通過算、整数の推理を対策しましょう。

SPI杯

無料ゲームを楽しみながらSPI対策ができるサイトです。

Learn more